SIMについて簡単に説明します

SIMカードとは、スマートフォンに装着するための物です。


日本の場合、個人が大手の通信会社やNMNO会社と契約すれば、契約した個人に、電話番号と連動した唯一無二のカードが割り当てられます。
大手の通信会社の場合、ショップのスタッフが顧客に替わって、契約したカードをスマートフォンに装着しているので、気付いていない人が多いと思います。

万が一、フリーマーケットや買取専門店等に、不要なスマートフォンや携帯電話を売却する場合は、スマートフォンや携帯電話のデータを完全にリセットした後に、カードを取り外す必要があります。
カードが悪用されるリスクがあるからです。

通信契約が終了した場合、カードは返却するルールになっている場合もあるので、念のため保管する事をお勧めします。
SIMカードの大きさは、標準サイズ、マイクロサイズ、ナノサイズに分かれます。
スマートフォンに装着するカードの大きさは決まっているので、携帯電話やスマートフォンを買い換える場合、手持ちのカードの大きさを把握する必要があります。


携帯電話やスマートフォンを買い換える場合、SIMフリーのスマートフォンを選ぶか、今まで契約した通信会社のスマートフォンを選んで下さい。

携帯会社には総務省から割り当てられた電波の周波数帯(バンド)があります。


バンドが合致しないと、通信や通話が出来ません。

SIM関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

日本の大手通信会社のスマートフォンは、その通信会社しか対応できないように、ロックが掛かっています。



海外のSIMカードを使用する場合は、ご注意して下さい。